FC2ブログ
アロマとリンパケアを日々の暮らしに取り入れる♪そんな毎日をつづっています
page top
ボランティアのこと
病院ボランティアに通いはじめて7年目

昨年からは緩和ケア病棟へ伺っています
そこは
一般病棟のような雰囲気の場所でした

看護師さんが看護師さんのペースで日々のルーティンをこなしていて

そこにボランティアがはいると業務の妨げ

明らかに邪魔者扱い

それでもボランティアを続けてきたのは
病室でお会いする患者さんに必要とされているという実感があったからです

医師から
「看護師からボランティアが迷惑だという声が上がっている。ボランティアの意味、意義についてスタッフ間で話し合ってほしいと伝えた」
と言われ、ここでの活動の限界を思い知らされました。
現実をうけいれるしかない。


『スピリチュアルペイン』へのアプローチに植物(精油)とタッチングは有効です❗

患者さんと関わる時間の長い看護師さんはそれに気づいてくれるはずだと信じていました。

甘かった
わたしの力量が足りなかった


では
どうすれば良かったのか?
これからどうすればいいのか?

まず、現状の認識が間違っていたので軌道修正

病棟スタッフは緩和ケア領域における
『スピリチュアルペイン』という概念を全く理解していない
なので
『スピリチュアルペイン』は存在しないことになっている

ということは
『スピリチュアルケア』なんて必要ない

そこからの出発だったことにきづきました(今ごろです泣)


目の前に在る『スピリチュアルペイン』を無かったことにして業務に専念する緩和ケア病棟スタッフに邪魔だと疎まれるボランティア

この状況を打開するには地道な活動しかないという思いで継続してきましたが
現実を受け入れて次に進む時期かもしれません。

次ってどうする?
どんな活動がベストなのか模索中です

必要としている方は存在しています


五里霧中

それでも
何故か「行動しなくては」という気持ちは消えない

正直行き詰まっています

そこでお願いです

ボランティア・スピリチュアルケアに興味があって
実際に活動している。経験がある。
などご存知な事があれば教えていただけるとうれしいです


melissa.2013chi@gmail.com
片山ひろみ迄ご連絡下さいm(__)m



メリッサのLINE@からもお待ちしております
こちらから→

どうぞよろしくお願いいたします





スポンサーサイト
page top
病院ボランティアでした
緩和ケア病棟でのアロマボランティアでした

ハーブウォーターで乾燥したお肌を潤した後、
好きな香りでハンドトリートメントさせていただきました

看護師さんの段取りと業務優先の病棟では
ゆっくりとした時間を過ごすことは
とても難しいと感じました

緩和ケア病棟は
患者さんが自分のペースですごすのをサポートするところのはずですが、
まるで一般病棟のような雰囲気にボランティアに訪れる度に戸惑いを感じます


患者さんの苦しみを和らげるための援助(スピリチュアルケア)までの道は遠く険しいです

できることを精一杯丁寧に継続していきます

それしかないと思っています

変化と気づきがやって来て流れが変わるまで
コツコツとできることを続けます


自分のために選んだ精油
スパイクナード
クローブ
これだけでは重いです!
マンダリンとブレンドして使います(^^)

page top
新しいこと
きょうは新月🌝
新しいことをはじめると良いそうです

先ほどfacebookを見て知りました(^^)


偶然ですが
始めていました♪

デイサービスでのハンドトリートメントに参加しました
生命力あふれる利用者さんたちの
お話しをうかがいながらトリートメントするのは
久しぶりでした
「ありがとう」
「気持ち良かった」
「ええにおいやな」
たくさんの声と反応がとても新鮮でうれしかった❗

ありがとうございます




page top
くじけそうになっても粘ります

庭から空を見上げる
気持ちいい青!

明日は雨?
明後日は台風?
ホンマかな?!
ちょっと信じられないほど晴れています

先日は病院ボランティアでした

「気持ちよかったからまたしてほしい。次はいつ来るの?」

「月に1度来ています」

「・・・・1ヶ月後だったらわたしはもうおらんと思うわ」

病室での会話です。
この後も会話は続きました。

この言葉に対する反応、受け答えが
“援助か”
“自己満足のボランティアか”の分かれ目だと思っています。

「スピリチュアルケア」を意識した関わりを試行錯誤しつつ実践しています

「対人援助論」というと難しそうですが
「苦しみ」を和らげることにフォーカスした関わり方のことなので、案外すんなり腑におちます

「現れたことをそのまま受けとめること」
「現象学」というと
これまた難しく感じますが(笑)


“対人援助論をふまえたスピリチュアルケアを実践できるボランティア活動”のための勉強会をリクエスト中です

来年春ごろには開催できればと願っています

仕事、家族などの対人関係全てに使える内容です
決まり次第ここでお知らせいたします


今は
スタッフさんにボランティア活動を認知してもらえるように地道に継続していきます!

「業務の邪魔になる部外者扱い」からの脱却には
時間がかかります

くじけず粘ります(^^)


ここで宣言しました!
心が折れそうになったときの保険です(笑)





















page top
続けていくんだ(^^)


久しぶりの病院ボランティアでした

好きな香りを選んでいただいて
その香りでハンドトリートメントをさせていただきました

好きな香りを嗅いだとき
表情がパッ❗と変化する~

そんな瞬間に植物の力の無限の可能性を感じます

施術中は
入院するに至った経緯を話されたり
うとうと眠ったり
黙って目を閉じていたり
思い思いの様子で過ごされていました

私にとって充実した有難い時間でした

始まったばかりのボランティア!

直ぐに挫けそうになるけれど(本日既にくじけそうになりました…)継続したいです


個人的な思い入れと努力がなくてもフツーにいろんなことができるようになればいいのに~ヽ(´▽`)/‼️

たくさんの人を巻き込んで良いめぐりが生まれるように
わたしに出来ることは全てトライします~


もうひとつの活動!

女性限定がんさろん
“ゆんたくカフェめりっさ”
毎月第3金曜日18:30~三々五々に集まって自由に話したりのんびりしたり

ゆるゆるとした時間を過ごしています

次回は
9/21(金)18:30~
アトリエセレンディップ2F(徳島市立津田中学校近く)にて
参加費500円(お茶代として)

ギリギリ参加、途中参加OKの本当にユルい
何でもありの集まりです♪
お気軽に~ご参加お待ちしております(^^)

問い合わせ等は
melissa.2013chi@gmail.com
片山ひろみ迄

メリッサのLINE@からもお待ちしています
友だち追加していただくと1:1のトークが可能です→こちらから










©  メリッサ~アロマとリンパの日々. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG